GTA
     物語
FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    

                                              何かgdgd書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

物語

とりあえず、物語を始めます。
まあ今まで具体的なもんは作ったこと無いので
下手ですが・・

紹介など何もありませんw
思いつきで作ってますから・・・

(一話)

「LCS」

screen4st.jpg


マーク警部はいきなり署に呼ばれた。

マーク「なぜ呼ばれたんだろうか。
とりあえず入ってみないとな」


screen3st.jpg

署長「突然呼んですまない。
ここ最近、付近で事件が多発してるので応援に来てもらったんだ。
すでに4人殺られてる」

マーク警部「犯人の目星は?」

screen2st.jpg

一枚の写真を渡された。
署長「通名はトムだが、これも偽名だろう。
複数の偽名を使っているらしい。素性も分かっていない。
刃物を扱うことが非常に得意らしいが・・。とりあえず、すぐに捜査に入ってくれ。」

マーク警部「分かりました。」

screen5st.jpg

マーク警部「ふう。これは絶対に捕まえないとな。」

マーク警部はとりあえず事件現場付近を詳細に調べることにした。





screen7st.jpg


ガシャンッッ
作業員「ん。なんだおま・・・・え・・・・・・」
カチャ・・・・

screen10st.jpg


工場主任「おい!どうした!」

作業員が倒れていた。


screen11st.jpg

工場主任「これは・・・ひどい。」
頚動脈を切られていた。死亡していた。

screen13st.jpg

翌日

現場にはすでに警察が到着していた。
警官「人、中に入れるなよ。」

screen15st.jpg

非番だったマーク警部にも緊急の招集がかかった。
マーク警部「状況は。」
警官「死亡したのはこの工場の作業員です。
死因は頚動脈を切られたことによる、出血死だと思われます。」

マーク警部「トムか・・・・」


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。